features
JENKAの機能

iPaaS「JENKA(ジェンカ)」は専門的な知識や技術がなくても誰でも使いやすいように、ノーコードでご利用いただfe_flowboxけます。 また、AI連携やテンプレート提供、管理機能などさまざまな機能が実装されています。

直感的にデータ連携ができるUI/UX

JENKAはノーコードで直感的にデータ連携ができるiPaaS

JENKAは、プログラミングに関する専門知識や技術を持たない非エンジニアの方でも、直感的な操作でワークフローを作成することが可能です。

初心者の方にも分かりやすいUI/UXで、ノーコードで設定することができるJENKAだから、実業務を行っている現場の担当者が直接API連携を行うことができます。

現場で設定が行えるため、臨機応変な対応が可能に。
エンジニアのリソース確保や実行環境の準備も必要ありません。

ワークフローの機能

クラウドサービス間でデータ連携するためのワークフロー作成時の主な機能です。

JENKAはテンプレート機能が豊富だから誰でもすぐに設定可能

テンプレート

自動化したい業務プロセスをテンプレート一覧から選択するだけで、簡単にワークフローを設定することができます。初心者の方の利用におすすめです。

JENKAが処理を始めるためのトリガー機能搭載

トリガー

メールを受信したら…情報が追加・更新・削除されたら…などJENKAが処理をはじめる「きっかけ」となる起点を設定することが可能です。 その他にも、特定の日や曜日、時間を指定して起動させる設定も可能です。

JENKAのアクション機能

アクション

クラウドサービス・アプリケーションをどのように動かしたいかを設定できます。 例えば、ファイルの作成やアップロード、ダウンロード、入力・登録、追加、削除、検索などさまざまな処理の方法を選択することが可能です。

条件分岐やリスト処理などさまざまな条件を設定できる

条件設定

条件分歧や複数条件、リスト情報を順番に処理、ワークフローの合流など、自動化したい業務プロセスの流れに合わせて処理条件を設定することが可能です。

手動実行やトリガー実行、定期実行の設定が可能

実行設定

手動での実行をはじめ、トリガーによる実行、年月日・曜日・時間など特定の時期にワークフローを実行するといったように、ユーザー側で実行方法を自由に設定いただけます。

JENKAは簡単にクラウドサービスやアプリケーションのコネクタ追加が可能

コネクタ追加

連携したいクラウドサービスやアプリケーションを管理画面から自由に選択できます。

Webhook機能

Webhook

特定のイベントが発生した際に、予め設定しておいたURLにHTTP POSTリクエストを送信することが可能です。

HTTPリクエスト機能で標準搭載のコネクタ以外でも連携が可能

HTTPリクエスト

JENKAで提供していない標準コネクタ以外でも、APIが公開されていたり、APIのインタフェースの用意があればデータを連携させることが可能です。

SaaSのデータ連携がだれでも簡単にできる「JENKA」

iPaaSとはの基礎知識からJENKAの特長や活用方法・料金プランをご紹介する資料をダウンロードいただけます。

管理者機能

JENKAは、ユーザーやグループ機能、利用できるクラウドサービスや機能の制限など、法人向けの管理者機能が標準搭載されています。

グループ管理機能

グループ管理

グループ 追加・削除などの操作が可能です。その他、ワークフローの利用部門に制限をかけたり、他部門のワークフローを見れない様にしたりと、さまざまな設定が可能です。

ユーザー管理機能

ユーザー管理

ユーザーのアカウントを無制限で発行することができます。ユーザー単位でグループごとに管理者/グループ管理者/ユーザー等の権限の割付が可能です。

アプリケーション・システムの利用制限ができる機能

利用アプリケーション制限

利用できるクラウドサービスやアプリケーションをグループ単位で制限できます。

認証設定管理

認証管理

クラウドサービスやアプリケーション、システムとの連携で必要な認証情報を管理できます。

ワークフローのログや実行ログの管理

ログ管理

実行されたワークフローのログや、どのユーザーが、どの様な操作を管理画面上で行ったかを閲覧することができます。

セキュリティ設定やIP制限ができる

セキュリティ設定/IP制限

ログイン時のセキュリティポリシーを設定したり、管理画面のアクセス元をIPアドレスで制限したりすることが可能です。

クラウドサービス・アプリ同士のデータ連携ならJNEKA