scene
活用シーン・
ユースケース

iPaaS「JENKA(ジェンカ)」の活用シーン、ユースケースをご紹介します。JENKAは多様な業種や部門での活用が可能です。
JENKAを利用することにより、さまざまなクラウドサービスやアプリケーション間でのデータ連携が簡単に実現し、企業の業務効率と生産性を大幅に向上させることができます。

全社共通

重要な情報を
メインチャットツールに集約

担当者が日常的に使用するチャットツールと、取引先とのコミュニケーションで使用するメールやサブチャットツールをメインチャットに統合することが可能です。
これにより、情報の見落としや対応漏れを防ぎ、効率的なコミュニケーションを実現できます。

部門をまたいで運用されている
管理表を同期

営業、インサイドセールス、マーケティング、CS部門など、部門ごとで運用している管理表が更新されると、JENKAが自動で事業部用管理シートに反映します。
これにより、各部門担当者の二重入力の手間を削減し、データの一貫性と効率性を高めることができます。

不定形なメールを整形し
スプレッドシートやExcelに入力

顧客ごとに異なるフォーマットでくる発注・予約メールの情報を、Excel Onlineやスプレッドシートへ転記する作業を自動化します。
メールで受信した情報をGPTが解析し、必要な形式に変換後、自動的に特定のシートへ入力します。

取引先や社内担当者への
メール返信内容を考案

顧客や担当者から依頼や問い合わせメールが届いた際に、GPTが内容を解析し、自動で返信メールの下書きを作成します。
日々発生する問い合わせの対応に時間を費やしている担当者の業務効率化に貢献します。

プロジェクト・案件ごとに
フォルダを作成

プロジェクト・案件ごとにクラウドストレージ内でフォルダを作成していた作業をJENKAで自動化。さらに、フォルダ内にファイルやデータを格納する作業なども自動化できるため、担当者の業務工数を削減できます。

請求書を
フォルダに保存

取引先から送られてくる請求書の添付メールをJENKAがキャッチし、クラウドストレージの指定フォルダに自動保存することで、毎月発生する数十から数百件の請求書処理を効率化します。
これにより、バックオフィス業務の工数削減を実現します。

営業・
インサイドセールス部門

SFA/CRMと案件管理用のシート
を連携

SFA/CRMで商談情報を登録・更新した際に、案件管理用のスプレッドシートやExcelにデータを転記する作業を自動化します。
同じ情報を複数のシステムに転記する手間を削減し、案件管理の工数削減に貢献します。

アポイント獲得後、
カレンダーへ登録

インサイドセールスがアポイントを獲得後、その情報をSFA/CRMに登録すると、JENKAが自動的に営業担当者のカレンダーにアポイントの日時と必要な詳細を追加します。
これにより、インサイドセールス担当者が手動での二重入力をする必要がなくなり、作業効率が向上します。

サービスの申し込みメールを
SFA/CRMと基幹システムへ入力

商品やサービスのお申し込み(契約)メールを受信し、SFA/CRMに登録されると、JENKAがRPAを起動。RPAロボットが社内の基幹システムや販売管理システムに自動で登録を開始するため、申し込みに関する業務フローを削減することが可能です。

評価額など変動性の高い情報を
リアルタイムで通知

株価や不動産評価額などの変動性の高い情報のメールを受信するたびに営業担当への通知が必要ですが、JENKAなら自動で担当者にチャットで通知。
JENKAで自動化することで、月間数百件もの通知作業が削減され、他の業務にリソースを充てることが可能になります。

マーケティング・CS部門

SFA/CRMにリード情報と
お問い合わせ内容を登録

メールフォームからのお問い合わせを受信後、SFA/CRMにリード情報とお問い合わせ内容を自動で登録します。
その後、特定のメーリングリストやコミュニケーションツールに通知します。

セミナーとイベント情報の
カレンダー登録

マーケティング担当者がスプレッドシートで管理しているセミナー開催日、展示会の出展日、メール配信日などの情報を、JENKAが自動でカレンダーに登録します。
これにより、手作業でコピー&ペーストしていた作業が不要になり、作業工数を大幅に削減できます。

比較サイト・メディアサイト経由の
リード情報の自動入力

比較サイトやメディアサイトからのリード獲得通知を受け取った後、JENKAがRPAを起動して自動的に各サイトにログイン。RPAが見込み顧客情報を抽出し、SFA/CRMや特定の管理用シートに自動で入力することで、担当者の入力遅延や漏れを防ぎ、リアルタイムでのフォローアップを可能にします。

SFA/CRMで更新したデータを
MAに反映

SFA/CRMで顧客情報やステータスを変更した際に、JENKAが自動でMA(マーケティングオートメーション)内の顧客情報を更新します。
これにより、リアルタイムな自動更新が実現できます。

ショッピングカートシステムの
顧客情報をMAに登録

SFA/CRMで顧客情報やステータスを変更した際に、JENKAが自動でMA(マーケティングオートメーション)内の顧客情報を更新します。
これにより、リアルタイムな自動更新が実現できます。

JENKAの無料トライアルお申し込み

機能を実際の画面で
確かめてみる

ご興味を持っていただけましたら是非、実際にJENKAを使ってみてください。無料トライアルでは2週間、製品版の体験が可能です。

無料トライアルのアカウント発行後、担当者より運用支援のための操作レクチャーをさせて頂きます。
また、専用のヘルプサイトもご利用いただけます。

※トライアル期間終了後の自動課金はございません。

クラウドサービス・アプリ同士のデータ連携ならJNEKA